アンチミューラリアンホルモン(amh) /体外受精・顕微授精の浅田レディース名古屋駅前クリニック(不妊治療/名古屋市)

AMH(アンチミューラリアンホルモン)とは

AMHとは・・・卵巣の予備能を知り治療の可能性を探る検査

AMHとは、発育途中にの卵胞の周りにある細胞から分泌されているホルモンのことです。
このAMHの血中濃度をはかることで、卵巣の中に残っている卵子の数(卵巣予備能)が推測できるという事です。
 卵子を育てる卵胞の元になるものを「原子卵胞」といいます。原子卵胞は生まれる前、お母さんのおなかの中にいる間に500万から700万個作られていますが、生まれる時点で、約200万個に、月経が始まる思春期ごろには30万個に減り、思春期以降も一ヶ月に約1000個ずつなくなっていくと言われています。
 卵巣の中に残っている卵子の数は一人一人違い、個人差があります。

 卵子はどんどん消滅して数がどんどん減少するとともに、年齢とともに卵子自体も年をとり古くなります。卵子の質は、その古さ、年齢の影響を直接受け、卵子の数も年齢とともにどんどん減っていきます。その数は年齢以上に個人差が大きく、いざ子供が欲しいと思った時に卵子がないということも起こり得ます。
 そうなる前に、卵巣に残っている卵子の数を推測する手掛かりになるのがAMH検査なのです。
 卵巣予備能を知ることは、不妊治療がいつまでできるかの目安ともなります。AMHによって出る結果は、妊娠できるかどうかではなく、どんな治療であれば、残っている卵を有効に活用できるのかの判断に役立ちます。
 まずはAMHをチェックしてから、ご自分の人生設計を立てることをお勧めします。


AMH・卵子のお話についてはこちら
AMHについてはこちら
AMH(アンチミューラリアンホルモン)検査についてはこちら

トップ
​ ​

​ ​
​ ​