施設紹介:ラボラトリー - クリニック紹介

施設紹介:ラボラトリー

生命を育むクリニックの心臓部。培養室(ラボラトリー)

体外受精では、培養室の環境が卵子・受精卵の生命を左右するといっても過言ではありません。 本来なら母体内で発育する受精卵のために、培養室の環境をできるかぎり「お母さんの体内」へ近づけ、「卵子・受精卵」にとって良い環境をつくることに徹底的にこだわりました。
「培養室の質の向上は、妊娠率の向上につながる」。その信念に基づき、長年の研究や経験、実績を活かして創意を結集した培養室は、機器・照明・空調などにこだわったつくりとなっています。

培養室(ラボラトリー)

「卵子・受精卵」を第一に考えた環境

「卵子・受精卵」に優しい空気

「卵子・受精卵」に優しい空気 培養室にとって、空気が清浄であることが極めて重要です。培養室の空調は、「天井吹き出し+床吸い込み」の層流方式を採用したクリーンルームになっています。床で吸い込まれた空気は「HEPAフィルター+VOC除去フィルター」で浄化され、天井へ運ばれます。これにより、清潔で温度ムラのない、卵子・受精卵に適切な空気環境をつくっています。

「卵子・受精卵」に優しい光

本来、母体内にいる「卵子・受精卵」は光を浴びることはありません。そのため培養室内の照明は、卵子・受精卵にとって有害な紫外線を出さないLEDのみを採用し、天井照明から顕微鏡用の光源にいたるまで、卵子・受精卵に当たるすべての光から紫外線を完全に遮断しました。

「卵子・受精卵」を第一に考えた床素材

大切な「卵子・受精卵」を扱う培養室・オペ室には、「特殊導電性タイル」の床材を使用しています。これは、床下に導電アースを設置することで、マイクロショック等を防止するもので、卵子・受精卵にとって良い環境となっています。

お一人、一つずつの培養スペース

無加湿型のインキュベーターを導入し、すべての患者さまの卵子・受精卵を完全に個別培養しています。当クリニックでは、100人以上の患者さまを同時に個別培養することができます。インキュベーターをはじめ、培養室内のすべての設備は、バックアップ電源により非常事態にも対処できるシステムを取り入れています。

無加湿型のインキュベーター

見通しのよい作業空間

連携する各部屋の壁をガラスにすることで見通しを利かせました。お互いの動きに目を配りながら、情報を共有し、より効率よく連携できます。
スタッフがよい環境で働くことは、よい治療につながります。チームの連携を大切にして、働きやすく、効率の良い作業空間づくりにも努めています。

見通しのよい作業空間

見学ルーム

通常、お見せすることが難しい培養室内ですが、見学スペースをつくることで開放することができました。自分たちの精子、卵子、受精卵がどのように扱われているのか? 胚培養士(エンブリオロジスト)はどのように働いているか? ぜひ一度、ご覧ください。

培養室見学ルーム

アメニティ メディカルエリア フロア全体
トップ
​ ​

​ ​
​ ​